レッスン276「神の大いなる言葉が私に与えられているのは、私がそれを語るためだ」

レッスン271〜280 0

レッスン276です。

「神の大いなる言葉が私に与えられているのは、私がそれを語るためだ」が今日のテーマです。




まず、キリストってなに?をご覧ください。


「1. What is the Word of God?
 神の大いなる言葉とは何だろう。

 "My Son is pure and holy as Myself."
 それは、『私の子は、私自身と同じく清らかで神聖だ』という言葉だ。

 And thus did God become the Father of the Son He loves, for thus was he created.
 こうして神はその愛し子の父となった。というのも、こうして神の子創造されたからだ。

 This the Word His Son did not create with Him, because in this His Son was born.
 この大いなる言葉は神の子が父とともに創造したものではない。なぜなら、この言葉によって神の子が生まれたからだ。」


「私の子は、私自身と同じく清らかで神聖だ」という言葉は、神が自身と同じ属性を持つ自らを拡張した存在を知ることを表しています。


神の創造神の言葉というと、ヨハネによる福音書を連想する人が多いと思います。

「ヨハネによる福音書第一章

1節 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
2節 この言は、初めに神と共にあった。
3節 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
4節 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
5節 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


レッスン263「私の聖なるヴィジョンは、あらゆるものを清らかなものとして見る」のエッセイで述べたように、創造は神の愛の拡張をMindの理知的な思考という側面から見た作用であり、本節では、神の大いなる思考は言葉によってなされることが示されています。

Ἐν ἀρχῇ ἦν ὁ Λόγος, καὶ ὁ Λόγος ἦν πρὸς τὸν Θεόν, καὶ Θεὸς ἦν ὁ Λόγος.
はじめに言(ロゴス)があった。言は神と共在し、言は神であった

— 『ヨハネによる福音書』1:1(Κατά Ιωάννην Ευαγγέλιο)

「言」は、”λόγος”(ロゴス)の訳語です。

ロゴスは論理、思考という意味もあり、言葉によって子が創造されたことは、神が父として大いなる霊である神自身を神自身以外の子へと拡張した父性を意味し、自らを拡張した子に自らの意志を伝達して、愛によって、子を神自身と同じ意志を持つ神自身と同じ清らかで神聖な存在としたことを意味します。

創造は、神の愛に満ちた息吹を被造物に伝えるというコミュニケーションによってなされたわけです。




Lesson 276


The Word of God is given me to speak.
神の大いなる言葉が私に与えられているのは、私がそれを語るためだ。



1. What is the Word of God?
 神の大いなる言葉とは何だろう。

 "My Son is pure and holy as Myself."
 それは、「私の子は、私自身と同じく清らかで神聖だ」という言葉だ。

 And thus did God become the Father of the Son He loves, for thus was he created.
 こうして神はその愛し子の父となった。というのも、こうして神の子創造されたからだ。

 This the Word His Son did not create with Him, because in this His Son was born.
 この大いなる言葉は神の子が父とともに創造したものではない。なぜなら、この言葉によって神の子が生まれたからだ。

 Let us accept His Fatherhood, and all is given us.
 私たちで神の大いなる父性を受け入れよう。そうすれば、私たちにすべてが与えられることになる。

 Deny we were created in His Love and we deny our Self, to be unsure of who we are, of Who our Father is, and for what purpose we have come.
 自分たちが神の大いなる愛の中で創造されたことを否認するなら、私たちは自分たちの大いなる自己を否認することになる。そうなると、私たちには自分が誰なのか、自分たちの父が誰なのか、そして、自分たちは何のためにここに来たのか確信が持てなくなってしまう。

 And yet, we need but to acknowledge Him Who gave His Word to us in our creation, to remember Him and so recall our Self.
 それでも、神を思い出し、そうすることで自分たちの真の自己を思い出すために、私たちはただ、私たちを創造するに際して私たちに自らの言葉を授けてくれた神を認めるだけでよいのだ。



2. Father, Your Word is mine.
 父よ、あなたの大いなる言葉は私のものです。

 And it is this that I would speak to all my brothers, who are given me to cherish as my own, as I am loved and blessed and saved by You.
 そして、私は、あなたの大いなる言葉を自分の兄弟たちみんなに語るつもりです。私があなたによって愛され、祝福され、救われているように、私の兄弟たちはみな、私自身として、大切にするようにと私に授けられているのです。


名称未設定



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)