レッスン337「私の潔白さが、あらゆる害悪から私を守ってくれる」


When you let go of the belief that you should or need to know who you are, what happens to confusion?
本当の自分が何者なのか自分は知るべきだとか知る必要があるという信念をあなたが手放したとき、混乱に何が起こるだろうか。

Suddenly it is gone.
突如として、それは去ってしまうのだ。

When you fully accept that you don't know, you actually enter a state of peace and clarity that is closer to who you truly are than thought could ever be.
自分は知らないとあなたが完全に受け入れるとき、あなたは実際に、これまで考えたことのあるどんな思考よりも真の自分に近い平安で清澄な境地へと入り込む。

Defining yourself through thought is limiting yourself.
思考することによって自分自身を定義することが、あなた自身を制限しているのだ。



Eckhart Tolle
エックハルト・トール

51myk5_cdPL (1) (1)51wk62SpJaL (1) (1)51n3GkfaUjL (1) (1)41z60tkyulL (1) (1)



shutterstock_1961013871 (1)_1227061758 (1)

レッスン337です。

「私の潔白さが、あらゆる害悪から私を守ってくれる」が今日のレッスンです。

Fotolia_78788730_XS_transparent (1)


まず、エゴってなに?をご覧ください。


潔白さの自覚が幻想を払拭する

レッスン332「恐れがこの世界を束縛している。赦しがこの世界を解放する」のエッセイで、非二元論、不二一元論に立つかぎり、間違った状態を解消するには、その対象を攻撃するのではなく、赦す、錯覚だと見極めて去らせるという方法になるということをお話ししました。

神の子が神によって永遠に幸福なるものとして創造されているなら、神の子が害悪を被ることは錯覚であり幻想でしかありえません。

したがって、神の子がもともと備えている潔白さを自覚することが害悪を被りうるという幻想を去らせることになります。


滅びに至る許しではない真の赦し

必要なのは、自分が罪を犯したと考えていたことは思い違いであることに気づいて、贖罪を受け入れることだけです。

自分が罪を犯したことが事実であることを受け入れて、それを前提に、罪滅ぼしとしての贖罪を果たすことは必要ではないどころか、罪の実在性を補強することなので、真の贖罪を妨げることにしかなりません。



kame (1)_1226094537 (1)

Lesson 337

My sinlessness protects me from all harm.
私の潔白さが、あらゆる害悪から私を守ってくれる。



1. My sinlessness ensures me perfect peace, eternal safety, everlasting love, freedom forever from all thought of loss; complete deliverance from suffering.
 私の潔白さは私に、完璧な平安、永遠の安全、永続する愛、喪失についてのあらゆる思いからの永遠の免除、苦しみからの完全な解放を保証してくれています。

 And only happiness can be my state, for only happiness is given me.
 そして、私にはただ幸福だけが授けられているので、私はただ幸福な心境にあることしかできません。

 What must I do to know all this is mine?
 このことすべてが自分のものだと知るために、私は何をしなければならないのでしょう。

 I must accept Atonement for myself, and nothing more.
 私がしなければならないのは、自分のための贖罪を受け入れること、ただそれだけです。

 God has already done all things that need be done.
 なされる必要のあることは、神がすべてすでに成し遂げてくれているからです。

 And I must learn I need do nothing of myself, for I need but accept my Self, my sinlessness, created for me, now already mine, to feel God's Love protecting me from harm, to understand my Father loves His Son; to know I am the Son my Father loves.
 だから、私が学ばなければならないのは、私には自分自身でしなければならないことは何もないということです。というのも、神の大いなる愛が私を害悪から守ってくれていると感じ、私の父がわが子を愛していることを理解し、私こそが大いなる父の愛するその子であることを知るために、私はただ私の真の自己を受け入れて、私のために創造され、もうすでに私のものになっている自らの潔白さを受け入れるだけでよいからです。



2. You Who created me in sinlessness are not mistaken about what I am.
 私を罪なきものとして創造してくれたあなたが、私が誰なのか間違えるはずがありません。

 I was mistaken when I thought I sinned, but I accept Atonement for myself.
 自分が罪を犯したと思ったとき、私は思い違いをしていましたが、私は自分のために贖罪を受け入れます。

 Father, my dream is ended now.
 父よ、今こそ私の夢は終わります。

 Amen.
 アーメン。


20150316115937f70_transparent (1)



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。







関連記事