レッスン339「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる」

レッスン331〜340 0

幸福は分かち合うように作られている。

ラシーヌ



92 Jesus said: “Seek and you shall find. Yet those things you asked me about before and which I did not tell you I am willing to reveal now, but you no longer ask”.
イエスは言われた。「探しなさい、そうすれば、見出すであろう。ただし、以前にあなたがたが私に尋ねたけれど、私がそのときにはあなたがたに話していなかった事柄について、あなたがたがもうこれ以上尋ねずに済むよう、今こそ、私は明らかにしようと思う。」

93 “Do not give sacred things to dogs, for they may treat them as dung. Do not throw pearls to swine, for they may treat them as rubbish”.
「聖なるものを犬に与えてはならない。なぜなら、犬たちは聖なるものを肥やしのように扱うだろうから。真珠を豚にやってはならない。なぜなら、豚たちは真珠をごみくずのように扱うだろうから。」

94 Jesus said: “Whoever seeks will find; whoever knocks from inside, it will open to them”.
イエスは言われた。「誰であれ探すなら、見出すであろう。誰であれ内側から叩くなら、その扉は彼に開かれるであろう。」

95 Jesus said: “If you have money, do not lend it with interest, but give it to the one who will never pay you back”.
イエスは言われた。「もしあなたがお金を持っているなら、利息をつけてそのお金を貸してはならない。そうではなく、そのお金を、絶対にあなたに返済できないであろう者に与えなさい。」

96 Jesus said: “The Kingdom of the Father is like the dough in which a woman has hidden some yeast. It becomes transformed into good bread. Those who have ears let them hear!”
イエスは言われた。「大いなる父の王国は、女がわずかなパン種を忍ばせたパン生地のようなものだ。そのパン生地はすばらしいパンへと様変わりする。耳のある者はよく聞きなさい。」

97 Jesus said: “The Kingdom of the Father is like the woman who carried a jar of flour. After she walked a long way, the handle of the jar broke and the flour began to spill behind her along the road. Heedless, she noticed nothing. When she arrived, she set down the jar and found it empty”.
イエスは言われた「大いなる父の王国は、小麦粉を満たした壺を担って行く女のようなものである。 彼女が長い道のりを歩いてきた間、壺の取手が壊れていたために、彼女が歩む道の後に小麦粉が少しずつこぼれ落ちていたが、 彼女はそれに気づかなかった。彼女が家に着いた時、彼女は壺を下に置き、壺が空であることに気づいたのだ。」

98 Jesus said: “The Kingdom of the Father is like the man who wanted to kill a man of power. First, he unsheathed his sword at home and thrust it into the wall to test his strength. Then he was able to kill the man of power”.
イエスは言われた「大いなる父の王国は、強い男を殺すことを望んだ人のようなものである。 まず、彼は自分の家で刀を鞘から抜いて、自分の力強さを試すために、刀を壁に突き刺した。その後で、彼は強い男を殺すことができたのである。」

Jesus Christ

Gospel of Thomas
イエス・キリストトマスによる福音書




レッスン339です。

「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる」が今日のレッスンです。





まず、エゴってなに?をご覧ください。


今日のレッスンは、昨日のレッスン(レッスン338「私は自分の思いによってのみ影響される」)を別の角度からみたものです。

誰もが自分の望み通りのものを得ることになるというのがルールだとしても、そして、誰もが苦痛を避けて幸福を望むというところまでは間違いないとしても、いざ求めるに際して、正しく思考することができずに、自分の求めることを間違って設定してしまうことはいくらでもありえます。


エゴに従うかぎり、過去抜きに意図することはできず、過去に縛られた願望を抱くことしかできません。

とくに自分に危害を加えた他者への制裁欲求から自分を解放することは誰にとっても困難な課題です。

天災によって同じ被害を受けた場合には、天に復讐してやろうとは思うことなく運命として受け入れるのに、人災となるとそうはいきません。

復讐の達成が自分を苦しみから解放して楽にして幸福にしてくれるはずだという錯覚が生まれてきます。

また、いわゆるコンコルド効果もよく起こる錯覚です。

それまで投下した資本の見返りを回収しないままサンクコスト(埋没費用)として喪失したまま引き下がることができずに、ずるずると投資を継続して破滅に至る現象です。

いずれも、聖霊に従って、過去から切り離してあるがままの現在のみに焦点を合わせるかぎり、即座に、復讐に費やすエネルギーは建設的な目的に回し、サンクコストは勉強代として割り切ってより良い投資先に投資し直すことを意図するはずです。


私たちが現に苦痛や不幸を味わっていることは、このように聖霊ではなくエゴに従って間違った目標設定をしている結果です。

T17-6 目的地を設定してくださいが参考になると思います。





Lesson 339



I will receive whatever I request.
私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる。



1. No one desires pain.
 誰も苦痛を望んだりしません。

 But he can think that pain is pleasure.
 しかし、人は苦痛快楽だと思うことはできます。

 No one would avoid his happiness.
 誰も自分の幸福を避けようとは思いません。

 But he can think that joy is painful, threatening and dangerous.
 しかし、人は喜び苦痛に満ちていて、恐ろしくて危険なものだと思うことはできます。

 Everyone will receive what he requests.
 誰もが自分が求めるものを受け取ることになります。

 But he can be confused indeed about the things he wants; the state he would attain.
 しかし、人は自分の望む物事や自分の得たいと思う状態について、大いに思い違いすることができます。

 What can he then request that he would want when he receives it?
 そうだとすれば、いったい何を求めれば、彼はそれを受け取ったときにそれが自分の望み通りだと思えるのでしょうか。

 He has asked for what will frighten him, and bring him suffering.
 彼は自分を怯えさせ、自分に苦悩をもたらすものを求めてきたのです。

 Let us resolve today to ask for what we really want, and only this, that we may spend this day in fearlessness, without confusing pain with joy, or fear with love.
 今日こそ、私たちは、自分が真に望むもの、ただそれだけを求めるようにしましょう。そうすれば、私たちは恐れることなく、苦痛喜び混同したり、恐れ混同することなく、今日という日を過ごせるでしょう。



2. Father, this is Your day.
 父よ、今日はあなたの日です。

 It is a day in which I would do nothing by myself, but hear Your Voice in everything I do; requesting only what You offer me, accepting only Thoughts You share with me.
 今日は、私は自分だけでは何もしないことにして、ただ、何をするにしても、自分のすることの中にあなたの大いなる声を聞くことにします。ただあなたが私に差し延べてくれるものだけを求め、あなたが私と分かち合う大いなる思いだけを受け入れます。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)