レッスン348「私には怒ったり恐れたりするいかなる理由もありません。というのも、あなたが私を包みこんでくれているからです。そして、私が知覚するすべての必要について、あなたの恵みが私を満たしてくれます」

レッスン341〜350 0

Every day we have plenty of opportunities to get angry, stressed or offended.
毎日、私たちは、怒ったり、ストレスを感じたり、気分を害したりする機会に事欠きません。

But what you're doing when you indulge these negative emotions is giving something outside yourself power over your happiness.
しかし、あなたがこのようなネガティブな感情に溺れて耽るとき、あなたは実のところ、自分自身の外部の何かに自分の幸せを左右する支配力を渡してしまっているのです。

You can choose to not let little things upset you.
あなたは取るに足らない物事に自分の気を動転させないことを選択できるのです。



Joel Osteen
ジョエル・オスティーン




レッスン348です。

「私には怒ったり恐れたりするいかなる理由もありません。というのも、あなたが私を包みこんでくれているからです。そして、私が知覚するすべての必要について、あなたの恵みが私を満たしてくれます」が今日のレッスンです。




まず、奇跡ってなに?をご覧ください。


このサイトでは、"truth"を「真理」、"true"を「真実」と訳して区別しています。

真実」は、特定の人物や個別の状況や物事限定の局面における偽りのないありのままの事実を指す用語として、
真理」は、特定の状況による縛りを離れて、すべての状況にあてはまる普遍的な理(ことわり)を指す用語として用いています。

両者の相違は、例外の有無です。

今日のテーマが述べることは真理です。

エゴに従う場合には、当然、状況によって正当防衛とされるべき事態は認められるべきなので、このテーマが真実となる場合もあれば、真実としてあてはまらない場合もあるということになります。

しかし、聖霊に従う場合、特定の人物や具体的状況はすべて幻想であることが基盤となるので、相手や状況次第で怒ったり恐れたりすることが正当化されたり不当とされたりすることは、幻想の中にないはずの階層序列を設けることになり、ありえないことなので、このテーマは、すべての場面にあてはまる真理です。

したがって、私たちが怒ったり、恐れたりするたびに、私たちは、そのつど、自分がエゴに従って、真実でもない幻想を真実だと信じ込んでいることに気づくチャンスを与えられているのだと考えることができます。

コースを学んでいない人からすれば、怒りや恐れが生じるのは、不幸な瞬間で、人生で本来必要ない暗黒部分でしかありませんが、私たちにとっては、単に不幸な瞬間や暗黒部分で終わらせずに真理に気づく恵みに満ちた機会となるわけです。

私たちを怒らせる他者は、私たちを監獄から救い出す救い主だということです(レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある」)。

これは、他者の攻撃を助けであり、愛を求める哀訴であると見極めるという教え(T12-1 聖霊の審判)、そして、他者の攻撃に対しては本当の自分は傷つくことがないことを示して相手に自分は無罪だと自覚させて罪悪感を抱かせないという教え(T14-3 無罪を自覚する決意)と並んで、聖霊の愛のレッスンの中でも、他者に対するスタンスの三本柱をなす極めて重要で恵み深い真理です。

この聖霊の3大レッスンはつねに心に留めておきたいものです。









Lesson 348



I have no cause for anger or for fear,
私には怒ったり恐れたりするいかなる理由もありません。

For You surround me. And in every need that I perceive, Your grace suffices me.
というのも、あなたが私を包みこんでくれているからです。そして、私が知覚するすべての必要について、あなたの恵みが私を満たしてくれます。



1. Father, let me remember You are here, and I am not alone.
 大いなる父よ、あなたがここにいてくれるので、私はひとりきりではないと私に思い出させてください。

 Surrounding me is everlasting Love.
 私を取り囲んでいるのは、永遠に続く大いなる愛です。

 I have no cause for anything except the perfect peace and joy I share with You.
 私には、完璧な平安と喜びをあなたと分かち合う理由しかありません。

 What need have I for anger or for fear?
 私が怒ったり恐れたりしなければならないどんな必要があるでしょうか。

 Surrounding me is perfect safety.
 完璧な安全が私を取り巻いています。

 Can I be afraid, when Your eternal promise goes with me?
 あなたの永遠の約束が私とともにあるというのに、私が恐れることなどできるでしょうか。

 Surrounding me is perfect sinlessness.
 私は完全な潔白さに包まれています。

 What can I fear, when You created me in holiness as perfect as Your Own?
 あなたが私をあなたの神聖さと同じ神聖さの中で創造してくれたというのに、私が何を恐れることができるでしょうか。



2. God's grace suffices us in everything that He would have us do.
 神が私たちになさせようとするすべてのことにおいて、神の恵みが私たちを満たしてくれます。

 And only that we choose to be our will as well as His.
 そして、私たちは、ただ神が私たちになさしめようとすることだけを、神の大いなる意志と同じように、自分たちの意志とするよう選ぶことにします。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)