レッスン354「平安の中で目的を確信して、キリストと私はふたり一緒に立っています。そして、キリストが私の中にいるように、キリストの中にはキリストの創造主が在ります」

レッスン351〜360 0

Jesus answered, “I did tell you, but you do not believe.
イエスは彼らに答えられた、「私は話したのだが、あなたがたは信じようとしない。

The works I do in my Father’s name testify about me, but you do not believe because you are not my sheep.
私がわがの名においてなすすべてのわざが、私のことを証ししている。それでも、あなたがたが信じないのは、あなたがたが私の羊でないからである。

My sheep listen to my voice; I know them, and they follow me.
私の羊は私の声に聞き従う。私は彼らを知っており、彼らは私に従う。

I give them eternal life, and they shall never perish; no one will snatch them out of my hand.
私は、彼らに永遠の命を与える。だから、彼らはいつまでも滅びることがなく、誰も彼らをわたしの手から奪い去ることはできない。

My Father, who has given them to me, is greater than all; no one can snatch them out of my Father’s hand.
私のが私に下さったものは、すべてにまさるものである。わがの御手から、それを奪い取ることは誰にもできない。

I and the Father are one.”
私とはひとつだからである」。

Again his Jewish opponents picked up stones to stone him, but Jesus said to them, “I have shown you many good works from the Father. For which of these do you stone me?”
そこでユダヤ人たちは、イエスを打ち殺そうとして、また石を取りあげた。
するとイエスは彼らに答えられた、「私は、による多くの善きわざを、あなたがたに示してきた。その中のどのわざのために、私を石で打ち殺そうとするのか」。

“We are not stoning you for any good work,” they replied, “but for blasphemy, because you, a mere man, claim to be God.”
ユダヤ人たちは答えた。「私たちがあなたを石で殺そうとするのは、よいわざをしたからではなく、神を冒涜したからである。また、あなたはただの人間にすぎないのに、自分を神と認めるよう求めたからである」。

Jesus answered them, “Is it not written in your Law, ‘I have said you are “gods”’?
イエスは彼らに答えられた、「あなたがたの律法に、『私は言った。あなたがたは”神々”である』と書いてあるではないか。

If he called them ‘gods,’ to whom the word of God came—and Scripture cannot be set aside— what about the one whom the Father set apart as his very own and sent into the world?
神の言葉を託された人々を神が『神々』と呼ばれたのであれば、そして聖書の言葉を無視することなど許されないのだから、大いなるがまさしく自身に属する者として聖別して世に遣わした者を神々のひとりというのは当然ではないか。

Why then do you accuse me of blasphemy because I said, ‘I am God’s Son’?
それなのに、『私は神の子である』と私が言ったからといって、どうしてあなたがたは私を涜神の廉で咎めるのか。

Do not believe me unless I do the works of my Father.
もし私が父のわざをなさないのであれば、私を信じずともよい。

But if I do them, even though you do not believe me, believe the works, that you may know and understand that the Father is in me, and I in the Father.”
しかし、もし私が神のわざをなすなら、たとえあなたが私を信じなくとも、わたしのなすわざを信じるがよい。そうすれば、あなたにも父が私の内にあり、また、私も父の内にあることを知って悟るであろう」。

Again they tried to seize him, but he escaped their grasp.
そこで、彼らはまたイエスを捕えようとしたが、イエスは彼らの手をの逃れて、去って行かれた。

Jesus Christ

John 10:25-39
イエス・キリストヨハネによる福音書第10章25-39節)



レッスン354です。

平安の中で目的を確信して、キリストと私はふたり一緒に立っています。そして、キリストが私の中にいるように、キリストの中にはキリスト創造主が在ります」が今日のレッスンです。




まず、私とは何かをご覧ください。

テキストの最初のほうで、イェシュアは次のように語ります。

「There is nothing about me that you cannot attain.
 私の持ち合わせるもので、あなたたちが手に入れられないものは何ひとつありません。

 I have nothing that does not come from God.
 私の持つもので神に由来しないものは何ひとつありません。

 The difference between us now is that I have nothing else.
 今のところ、あなたたちと私との違いは、私が神から授かったもの以外には何も持っていないということです。

 This leaves me in a state which is only potential in you.
 このことが、あなたたちにとってはまだ可能性にとどまっている境地に私を置いているのです。」(T1-2 啓示と奇跡はどう違うの?時間とはどんな関係にある?3.)

イェシュアは、私たちの持ち合わせていない特別な何かを持っているからではなく、私たちが余計に持っているガラクタを捨て去ったがゆえにキリストとなったのだということであり、これは、奇跡のコースが外から知識を取り込む通常の学習ではなく、余計な障害、ガラクタを除去する学習棄却(unlearning)を本質とする学びであることを如実に物語っています。

このように、私たちとイェシュアが神の子として等しい同胞であるものの、私たちが神から授かったもの以外のものを持っているために、これが障害となって、私たちだけでは神との隔たりが大きすぎて、障害を乗り越えて神の下に帰還するのが困難なので、
「I bridge the distance as an elder brother to you on the one hand, and as a Son of God on the other.
 私は、一方では、あなたたちの兄として、他方では、神の子として、その隔たりに橋を架けます。」(T1-2 啓示と奇跡はどう違うの?時間とはどんな関係にある?4.)
とイェシュアは言ってくれました。

本レッスンは、私たちの偉大な兄イェシュアのこの言葉を噛み締めながら実践していただきたいと思います。



Lesson 354


We stand together, Christ and I, in peace and certainty of purpose.
平安の中で目的を確信して、キリストと私はふたり一緒に立っています。

And in Him is His Creator, as He is in me.
そして、キリストが私の中にいるように、キリストの中にはキリスト創造主が在ります。



1. My oneness with the Christ establishes me as Your Son, beyond the reach of time, and wholly free of every law but Yours.
 私がキリストとひとつであることが、時間が影響を及ぼすことのできない、あなたの法以外のいかなる法則からも完全に免れているあなたの子としての私を確立します。

 I have no self except the Christ in me.
 私の中のキリスト以外に、私はいかなる自己も持っていません。

 I have no purpose but His Own.
 私には、キリスト目的以外、いかなる目的も持っていません。

 And He is like His Father.
 そして、キリストはキリストのと同じものです。

 Thus must I be one with You as well as Him.
 したがって、私はキリストだけでなく、あなたともひとつであるに違いありません。

 For who is Christ except Your Son as You created Him?
 というのも、キリストは、あなたがわが子として創造した存在にほかならないからです。

 And what am I except the Christ in me?
 そして、私が自分の中のキリスト以外の何者であるというのでしょうか。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次


関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)