レッスン361から365「この神聖な瞬間を私はあなたに捧げようと思います。あなたが舵取りしてください。というのも、私は、あなたの導きが私に平安を与えてくれると確信して、あなたに従うつもりだからです」


あらゆる悲しみ、苦しみを愛で置き換えてください。あなたが攻撃されていると感じたら、その攻撃には「ノー」と言い、でも攻撃し返さないことです。自分が誰かを攻撃していたら、それに気づいて、償ってください。罪悪感から次の攻撃をしないことです。今この瞬間に、問題点を修正します。
あなたが愛を与えれば与えるほど、多くの愛を惹きつけるようになります。それはあなたが愛することによって、愛の波動の中にいるからです。あなたは与えることで、豊かさの波動の中にいます。
愛と助けを求める人の声に「イエス」と言うことを学んでください。それをすればするほど、人はあなたに恐怖心から出る振る舞いを向けなくなるでしょう。
あなたが暴力を解消したいのでしたら、すでに恐怖心に満ちている相手を、さらに不安に駆り立てないでください。あなたの愛とサポートを与えるようにします。愛は修復します。憎悪は告発します。
生活の中で実践しはじめるまでは、愛の真の力はわかりません。敵をハートから追い出すのではなく、そこに受け入れるようにすれば、敵ではなくなるでしょう。
誰でも、あるがままの自分を愛されたい、受け入れられたいと望んでいます。愛を与えられれば、その人はもう不安になりません。あなたを攻撃する必要がなくなります。
兄弟に与え惜しむものは、自分自身に対しても与え惜しんでいるのだということを理解しても良い時です。兄弟はあなたと切り離された存在ではありません。その価値を認めることで、あなたの価値もまた確かなものになります。

j12_0223123939 (2) (1)

イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」163ページ)

mujouken (1) (1)love (1) (1)lwe (1) (1)tegami (1) (1)yl (1) (1)yutakasa (1) (1)内なる (1)inpa-sonaru (1) (1)way1 (1) (1)way2 (1) (1)way4 (1) (1)510tGuSGehL (1) (1)



shutterstock_1961013871 (1)_1227061758 (1)

レッスン361から365です。

「この神聖な瞬間を私はあなたに捧げようと思います。あなたが舵取りしてください。というのも、私は、あなたの導きが私に平安を与えてくれると確信して、あなたに従うつもりだからです」が今日からのレッスンです。





これから5日間、同じレッスンの同じ文章を毎日読むことになりますが、それを契機とする日々の体験はさまざまなものとなるでしょう。


すでにご覧になられている方も少なくないかもしれませんが、「スライヴ」というすばらしい映像作品をご紹介します。






shutterstock_1945411669 (1)


スライヴで出てくるリンゴ形状の立体である「トーラス構造」を平面図で表現したものが陰陽太極図です。

下の図のリンゴの上の凹みが白い勾玉の中の黒ポチです。


陰陽 (1) (1)_0902111211

リンゴの裏側の凹みはこの図では見えませんが、透視すると下の太極図の黒い勾玉の中の白ポチの位置に凹みがあります。

20230903003508e3d_0211082721 (1)

平面化された太極図を見ていると、同じレベルで陰陽が対立しているようにしか見えませんが、立体のトーラス構造を斜めから見た透視図を平面で表現したものとして見ると、同じエネルギーの循環の作り出すリンゴ形状の立体構造の表側と裏側であり、陰極まって陽転するという仕組みが凹みを勾玉の中のポチとして表現されていることがわかります。

20201230120510-1 - unscreen

つぎのウロボロスの陰陽二匹の蛇のように、黒い蛇を尻尾のほうから頭に辿っていくと、今度は、白い蛇の尻尾に移り、いつのまにか陰陽が反転しているというエネルギーの流れになります。

上の回転するトーラスを地球と見ると、下の図でいう左(上の地球で西側)の白い蛇は、南極から地軸を通って北極から顔を出して右の東洋に黒い蛇として姿を現すことになります。


20230903113848433-2-2 (1)_transparent (1)


今回は、太極図を例に紹介しましたが、このトーラス構造を意識して、このサイトの各記事で出てくるさまざまな国や宗教の神秘図形を眺めてもらうとよいです。

そうすれば、これらの図形は、切り口や観点、視座の相違によって多様な姿を見せてはいるものの、ダイナミックに無限の色彩や形象で花開き、実り、播種し、芽吹き、というサイクルを繰り返すひとつの大いなる生命があるだけで、万物はひとつにつながっているということを美しく示しているのだとわかると思います。


トーラスの中心を貫く回転軸の直線

t (1) (1)






中心から上に向かって伸びて展開する直線は、陰陽二極に分化し、新たなる誕生、発展であり、アーリマンとルシファーの対立、悪魔の二本角、ヘルメスの杖カドゥケウスとなります。


Fotolia_58525500_XS_transparent (1)



下から中心に向かって渦を巻いて捩れながら一点に収斂する直線は、復活に向けての死、陰陽の統合、すべての伏線を回収することによる大団円であり、キリスト原理によるアーリマンとルシファーの止揚、統一、ユニコーンの一角となります。

20230905131208943_transparent (1)



kame (1)_1226094537 (1)

Lessons 361-365

This holy instant would I give to You.
この神聖な瞬間を私はあなたに捧げようと思います。

Be You in charge.
あなたが舵取りしてください。

For I would follow You, certain that Your direction gives me peace.
というのも、私は、あなたの導きが私に平安を与えてくれると確信して、あなたに従うつもりだからです。



1. And if I need a word to help me, He will give it to me.
 そして、もし私が助けとなる言葉を必要とするときには、聖霊がその言葉を私に与えてくれるでしょう。

 If I need a thought, that will He also give.
 もし私がある思いを必要とするなら、聖霊はそれも与えてくれるでしょう。

 And if I need but stillness and a tranquil, open mind, these are the gifts I will receive of Him.
 そして、もし私に必要なのが静けさと落ち着き、開かれた心だけなら、私は聖霊からこれらを贈り物として受け取るでしょう。

 He is in charge by my request.
 私の求めに応じて、聖霊が采配を振るってくれます。

 And He will hear and answer me, because He speaks for God my Father and His holy Son.
 そして、聖霊は私の求めを聞き入れて答えてくれるでしょう。なぜなら、聖霊は、わが父なる神と神の聖なる子を代弁するからです。



20150316115937f70_transparent (1)


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。









関連記事
  • ワークブック・エピローグ
  • 最終レッスン
Kino
2014/09/07 (Sun) 04:00

05

kenさん、いつも有難うございます。先日ワークブック一通り最後まで到達することが出来ました。途中メゲそうになったことも何度かありましたが、このブログで取り組ませて頂いたお陰で、習慣づけようと心掛けることが出来たと思っています。感謝です。

不安感・罪悪感・自他の区別の解消を経て分離幻想の解消への到達というプロセス、3本柱を均等にとは言えない気がしますが、幾分軽減というか、新たな視点が少しずつ訪れている感じがあり、おかげさまで以前よりも心穏やかに過ごせているように感じます。生活もこの一年で結構変化しました。

進度は決して速くないですが、テキストも引き続き読ませて頂きますので、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。kenさんもブログを通して得ているもの多からんこと祈念しています。

  • To 松山 健 Matsuyama Kenさん
  • コメント
  • コメントの投稿
 ken
2014/09/07 (Sun) 18:30

Re: 05

Kinoさん、いつもありがとうございます。

ワークブック最後まで完了されたとのこと、なによりです。

1年間、じっくり取り組むことはなかなかできることではありません。
どうしても、エゴに引っ張られて一日にたくさんレッスンをやってしまったり、途中で挫折したりしてしまうものです。
ワークブックをコツコツこなすのは、聞き分けのよくない犬を根気よく調教するような作業なので、スケジュールを守って達成してこそ効果が見られます。

新たな視点を少しずつ得られて、以前よりも心穏やかに過ごせるようになられているとのことなので、成果が出てきているのでしょうね。

これからもちょこちょことテキストの紹介を続けていきますので、よろしくお願いします。

  • To 松山 健 Matsuyama Kenさん
  • コメント
  • コメントの投稿