T4-6 神からのご褒美

テキスト第4章(エゴという幻想) 3

相手を説得するために、正論など持ち出してはいけない。
相手にどのような利益があるかを話すだけでいい。



ベンジャミン・フランクリン





今回はテキスト第四章から「神からの報い」という一節をご紹介します。





1.「Only your allegiance to it gives the ego any power over you.
 エゴに少しでもあなたを支配する力を与えているものがあるとすれば、それはただ、あなたのエゴに対する忠誠心だけです。」

これは、私たちは、寄生虫やウィルスのように、エゴに憑りつかれて逃れようにも逃れられないというわけではなく、私たちが自分からエゴを客として迎え入れて大事にしていることによって、エゴは私たちに支配力を及ぼすことができているということです。

私たちがエゴに従って利己的な行動をとるときにつねに忘れてはならないことは、兄弟に対して自分が負う恩義、つまり、イェシュアに対して自分が負う恩義を思い出すことが肝心だということが述べられます。


兄弟からの攻撃や自分を怒らせるような言動に対して、私たちは、反撃や怒りで反応します。

けれど、この反応はエゴに従うことによって知覚している錯覚に基盤を置くもので、間違った反応です。

に従う知覚では、兄弟の攻撃は、私たちに助けと愛を求める哀訴であり、攻撃が私たちの本質を少しでも傷つけることはないのだから、兄弟に自分が傷ついたことを示して罪悪感を抱かせるのではなく、微塵も傷ついていないことを示して彼が潔白だとわからせてやるのが正しいリアクションであり、私たちを怒らせる言動は、私たちに裁きの剣を振り下ろすか背けるかを迫って、聖に従って相手と自分を一緒に解放するチャンスを与えてくれているものと知覚されることになります。

したがって、兄弟の攻撃には自分が傷ついていないことを示して、愛による助けで応え、自分を怒らせる兄弟のことを自分の救い主として対応するのが正しいリアクションとなります。

自分の救いのよすがである兄弟に対して自分勝手に敵とみなして自分の負わされた傷を思い知らせて罪悪感を抱かせようと非難し攻撃することで、私たちは、自分の本質を見失い、兄弟に負う恩義への感謝どころか呪いを返しているわけです。

恩義への感謝を忘れずに兄弟に応じるなら、知覚がエゴの不浄さに穢されずに、清浄で正確なものになります。



3.「The fact that you believe you must escape from the ego shows this; but you cannot escape from the ego by humbling it or controlling it or punishing it.
 あなたが自分はエゴから逃れなければならないと信じている事実そのものが、あなたが自分とエゴが同一ではないと真に確信しているわけではないことを物語っています。ただし、あなたは、エゴを卑しめたり、抑制したり、懲らしめたりすることによっては、エゴから逃れることはできません。」


エゴはダメよと言われ続けると、ともすれば、私たちは、エゴを敵視してエゴと戦って打ち倒したり、少なくともエゴから逃れなければならないと思いがちです。

けれど、エゴとは実在するものではなく影にすぎないのだから、エゴを敵視する対応は、エゴが本当にあることを当然とみなすスタンスであり、むしろ、幻でしかない無を実在する現実に格上げして、エゴを支援することだということがわかります。

なすべきことは、影ができていることに気づいて、自分の立ち位置が間違っていると認識して、正しい立ち位置に修正するフィードバック作業をすることによって影ができないようにすることだけです。

5.「I am teaching you to associate misery with the ego and joy with the spirit.
 私はあなたに、惨めさをエゴと結びつけ、喜びをと結びつけて考えることを教えようとしているのです。」

T4-4 そうである必要はないでも出てきましたが、私たちの感情、幸せを感じているか惨めな気分かが私たちがエゴという影を作り出しているかどうかを判定する指標となり、監視する基準となります。

自分がいい気分でいる、ごきげんな状態にないとしたら、エゴ・身体に束縛されていると思って間違いないわけです。


6.「You are asked to live so as to demonstrate that you are not an ego, and I do not choose God's channels wrongly.
 あなたは、自分がエゴではないと実証するために生きよ、と求められています。そして、私が神の使者となる者を間違って選ぶことはありえません。

・・・

My chosen channels cannot fail, because I will lend them my strength as long as theirs is wanting.
 私が選んだ神の使者たちが失敗するはずがありません。なぜなら、彼らの力が足りないかぎりは、いつでも彼らに力を貸す用意が私にはできているからです。」

少し前の節でも、イェシュアが私たちを神の使者として選んだことは間違いではないということが述べられました。

「Yours may be so distorted that you believe I was mistaken in choosing you.
 あなたの価値判断は、私があなたを選んだことが間違いだったとあなたが信じてしまうほど、ひどく歪んでしまっているかもしれません。

 I assure you this is a mistake of your ego.
 しかし、そう信じることこそ、あなたのエゴの間違いであることを私はあなたに請け合います。」(T4-4 そうである必要はない 1.)

こうして奇跡のコースに接している私たちは、神の使者となる尊い機会をイェシュアに与えてもらっているのであり、イェシュアの選択が間違っていないのだとしたら、神の使者としての役目を果たせないのは、私たちにそれを受け入れる意欲がないためでしかないということになります。

いつもの通り、そんな大それた役目を自分が担うなんておこがましいというのは謙虚であるどころか、神とイェシュアの価値判断が間違っていると自分の狭い了見で独り決めして、せっかく託された任務を突き返す背信行為であり、傲慢きわまる冒涜だということを理解しなければなりません。

イェシュアからの信任に誠実に応えられるようになりたいものです。

このイェシュアの求めを大それた身に余る務めであると思うということは、自分をエゴと同一視していなければ出てきようのない発想です。

もう一度、イェシュアの言葉を引用します。

6.「You are asked to live so as to demonstrate that you are not an ego, and I do not choose God's channels wrongly.
 あなたは、自分がエゴではないと実証するために生きよ、と求められています。そして、私が神の使者となる者を間違って選ぶことはありえません。」


7.「If you are grateful to your brother, you are grateful to God for what he created.
 もしあなたが兄弟に感謝するなら、あなたは神が創造したものについて神に感謝を捧げることになります。

 Through your gratitude you come to know your brother, and one moment of real recognition makes everyone your brother because each of them is of your Father.
 あなたは感謝の念を抱くことを通じて、自分の兄弟を知るようになります。そして、彼らはひとり残らずみなあなたの大いなる父に属する者なのだから、あなたが一瞬でも本当にそう認めるなら、その認識によって万人があなたの兄弟となります。」





テキスト第四章



VI. The Rewards of God
六 神からの報い



1. The ego does not recognize the real source of "threat," and if you associate yourself with the ego, you do not understand the situation as it is.
 エゴは「脅威」の真の源泉が何なのかわかっていません。だから、もしあなたが自分自身をエゴと結びつけるなら、あなたは状況をありのままに理解することはできません。

 Only your allegiance to it gives the ego any power over you.
 エゴに少しでもあなたを支配する力を与えているものがあるとすれば、それはただ、あなたのエゴに対する忠誠心だけです。

 I have spoken of the ego as if it were a separate thing, acting on its own.
 これまで私はエゴのことを、まるでそれ自体で独自に行動する、あなたから分離した存在であるかのように語ってきました。

 This was necessary to persuade you that you cannot dismiss it lightly, and must realize how much of your thinking is ego-directed.
 これは、あなたにはそう簡単にエゴを心から追放することはできないこと、そして、自分の思考がいかにエゴに支配されているか理解しなければならないことを、あなたに納得してもらうために必要だったからです。

 We cannot safely let it go at that, however, or you will regard yourself as necessarily conflicted as long as you are here, or as long as you believe that you are here.
 もっとも、ただそれだけで何もせずにエゴをそのまま野放しにしておけるはずがありません。そのまま放っておくと、あなたがここにいるかぎり、正確には、自分がこの世界にいるとあなたが信じているかぎり、あなたは自分自身のことを矛盾して葛藤を抱えるのもやむをえない存在だとみなしてしまうでしょう。

 The ego is nothing more than a part of your belief about yourself.
 エゴとは、単に、あなたが自分自身について抱く信念の一部でしかありません。

 Your other life has continued without interruption, and has been and always will be totally unaffected by your attempts to dissociate it.
 エゴという信念とは別のあなたの生命は途切れることなく続いてきたし、これまであなたがそれを自分から切り離そうとしてもまったく影響されなかったし、これからもずっと影響されることはありません。



2. In learning to escape from illusions, your debt to your brother is something you must never forget.
 幻想から脱することを学ぶうえで、あなたが絶対に忘れてはならないことがあります。それは、あなたが自分の兄弟に負う恩義です。

 It is the same debt that you owe to me.
 それは、あなたが私に対して負う恩義と同じものです。

 Whenever you act egotistically towards another, you are throwing away the graciousness of your indebtedness and the holy perception it would produce.
 あなたが利己的になって誰かに対してわがままな振る舞いをするときはいつでも、あなたは、自分が兄弟に負っている恩義への報いだけでなく、その恩義に感謝の念を抱くことで生まれていたはずの神聖な知覚までをも投げ捨ててしまっているのです。

 The term "holy" can be used here because, as you learn how much you are indebted to the whole sonship, which includes me, you come as close to knowledge as perception can.
 ここで「神聖」という言葉を用いるのがふさわしい理由は、私を含めた神の子全体に対してあなたがどれほどたくさん負うところがあるか学ぶにつれて、あなたは知覚が接近できる限界まで知識に近づくことになるからです。

 The gap is then so small that knowledge can easily flow across it and obliterate it forever.
 そのとき、知識と知覚の間の隔たりはほんのわずかでしかなくなるので、知識は容易にその隔たりを横切って流れ渡り、そんな隔たりを永久に消し去らせることができます。

名称未設定

3. You have very little trust in me as yet, but it will increase as you turn more and more often to me instead of to your ego for guidance.
 今のところはまだ、あなたは私のことをほとんど信頼してくれてはいません。しかし、あなたが、エゴに導きを求める代わりに、より頻繁に私に導きを求めてくれるようになれば、徐々に、あなたの私への信頼は増してゆくはずです。

 The results will convince you increasingly that this choice is the only sane one you can make.
 私の導きの結果によって、ますますあなたは、私に指導を仰ぐことを選ぶことが自分にできる唯一の正気の選択なのだと確信するでしょう。

 No one who learns from experience that one choice brings peace and joy while another brings chaos and disaster needs additional convincing.
 誰であれ、自らの経験から、ある選択が安らぎと喜びをもたらし、別の選択が混乱と惨事をもたらすと学んだ者には、それ以上の説得など無用です。

 Learning through rewards is more effective than learning through pain, because pain is an ego illusion, and can never induce more than a temporary effect.
 報奨を通して学ぶほうが苦痛を通して学ぶよりも、ずっと効果的なのです。なぜなら、苦痛はエゴの錯覚であって、決して一時的な効果以上のものを引き出すことはできないからです。

 The rewards of God, however, are immediately recognized as eternal.
 しかしながら、神からの褒美は永遠のものだとすぐに認識できます。

 Since this recognition is made by you and not the ego, the recognition itself establishes that you and your ego cannot be identical.
 この認識は、あなたによってなされるのであって、エゴによってなされるのではありません。だから、この認識それ自体が、あなたとあなたのエゴが同一のものであるはずがないことを裏書きしています。

 You may believe that you have already accepted this difference, but you are by no means convinced as yet.
 あなたは、自分はこの相違をすでに理解していると信じているかもしれません。しかし、まだあなたは決して、あなたとあなたのエゴが同一ではないことを真に確信してはいません。

 The fact that you believe you must escape from the ego shows this; but you cannot escape from the ego by humbling it or controlling it or punishing it.
 あなたが自分はエゴから逃れなければならないと信じている事実そのものが、あなたが自分とエゴが同一ではないと真に確信しているわけではないことを物語っています。ただし、あなたは、エゴを卑しめたり、抑えつけたり、懲らしめたりすることによっては、エゴから逃れることはできません。



4. The ego and the spirit do not know each other.
 エゴととは、お互いのことを知りません。

 The separated mind cannot maintain the separation except by dissociating.
 分離した心は、解離することによってしか分離状態を維持できません。

 Having done this, it denies all truly natural impulses, not because the ego is a separate thing, but because you want to believe that you are.
 解離すると、分離した心は本当に自然に湧き起こるあらゆる衝動を否認するようになります。それはエゴが分離した存在だからではなくて、自分は分離した存在だと信じたいとあなたが望むからです。

 The ego is a device for maintaining this belief, but it is still only your decision to use the device that enables it to endure.
 エゴは、この自分たちは分離した存在だという信仰を維持するためのからくり仕掛けなのです。しかし、この信仰を持ちこたえさせるのは、それでもなお、エゴという仕掛けを使おうとするあなたの決心だけです。

名称未設定

5. How can you teach someone the value of something he has deliberately thrown away?
 誰かが故意に何かを投げ捨てたとき、あなたはどのようにすれば、その人に彼が放棄したものに価値があることを教えることができるでしょうか。

 He must have thrown it away because he did not value it.
 その人は、その何かに価値を認めなかったからこそ、それを投げ捨てたに違いありません。

 You can only show him how miserable he is without it, and slowly bring it nearer so he can learn how his misery lessens as he approaches it.
 あなたにできるのは、ただ彼にその何かがないと彼がどんなに惨めかを示して、それから、その何かに近づくにつれて自分の惨めな気持ちがどれほど和らぐか彼が学べるように、ゆっくりと、その何かを彼の近くに持ってゆくことだけです。

 This teaches him to associate his misery with its absence, and the opposite of misery with its presence.
 こうすることで、彼は自分の惨めさとその何かが無いことを結びつけ、また惨めでないことをその何かが有ることと結びつけて考えることを学ぶようになります。

 It gradually becomes desirable as he changes his mind about its worth.
 彼がその何かの価値について自分の心を変えるにつれて、その何かは次第に望ましいものになってゆきます。

 I am teaching you to associate misery with the ego and joy with the spirit.
 私はあなたに、惨めさをエゴと結びつけ、喜びをと結びつけて考えることを教えようとしているのです。

 You have taught yourself the opposite.
 それは、あなたが自分自身に、これとは正反対のことを教えてきたからです。

 You are still free to choose, but can you really want the rewards of the ego in the presence of the rewards of God?
 今でも、どちらを選ぶのかはあなたの自由ですが、神からの褒美を目の前にしながら、あなたは本当にエゴが見返りに差し出す報酬を望むことなどできるでしょうか。



6. My trust in you is greater than yours in me at the moment, but it will not always be that way.
 今のところはまだ、あなたは、私があなたを信頼しているほど深い信頼を私に置くことができてはいません。しかし、いつまでも、そのままというわけではありません。

 Your mission is very simple.
 あなたの使命は実にシンプルなものです。

 You are asked to live so as to demonstrate that you are not an ego, and I do not choose God's channels wrongly.
 あなたは、自分がエゴではないと実証するために生きよ、と求められています。そして、私が神の使者となる者を間違って選ぶことはありえません。

 The Holy One shares my trust, and accepts my Atonement decisions because my will is never out of accord with his.
 聖なる存在である神は、私の信頼を分かち合い、そして、贖罪を果たすという私の決断を受け入れてくれています。なぜなら、私の意図することが神の意図と一致しないことなど絶対にありえないからです。

 I have said before that I am in charge of the Atonement.
 以前に述べたように、私こそが贖罪を担う責任者です。

 This is only because I completed my part in it as a man, and can now complete it through others.
 私が贖罪を担うのはひとえに、私が贖罪において自らの果たすべき役割をひとりの人間として完了しているので、今度はほかの者たちを通して贖罪を完了させることができるからです。

 My chosen channels cannot fail, because I will lend them my strength as long as theirs is wanting.
 私が選んだ神の使者が失敗するはずがありません。なぜなら、彼らの力が足りないかぎりは、いつでも彼らに力を貸す用意が私にはできているからです。

名称未設定

7. I will go with you to the Holy One, and through my perception he can bridge the little gap.
 聖なる存在である神の下へと、私はあなたと一緒に行くつもりです。そうすれば、神は私の知覚を通してわずかな隔たりに橋を架けることができます。

 Your gratitude to your brother is the only gift I want.
 私が求める唯一の贈り物は、あなたの兄弟に対するあなたの感謝の念だけです。

 I will bring it to God for you, knowing that to know your brother is to know God.
 私は、あなたに代わって兄弟へのあなたの感謝の念を神の下へと届けましょう。というのも、私は、あなたの兄弟を知ることこそが神を知ることなのだとわかっているからです。


 Love does not conquer all things, but it does set all things right.
 愛は万物を征服するわけではありません。しかし、愛が万物を収まるところに収まらせるのは確かです。

 Because you are the Kingdom of God I can lead you back to your own creations.
 あなたこそが神の王国なので、私はあなたを導いて、あなた自身が創造したものたちの許へと連れ戻すことができます。

 You do not recognize them now, but what has been dissociated is still there.
 今のところ、あなたは自分が創造したものたちのことを認識していません。しかし、解離されていたものは、依然として、そのままそこにあるのです。



8. As you come closer to a brother you approach me, and as you withdraw from him I become distant to you.
 あなたが兄弟に近づくとき、あなたは私に近づきます。そして、あなたが兄弟から離れるとき、私とあなたの間の距離は開きます。

 Salvation is a collaborative venture.
 救済とは、私たち神の子全体でなす共同事業です。

 It cannot be undertaken successfully by those who disengage themselves from the Sonship, because they are disengaging themselves from me.
 神の子全体から自分を引き離して絶縁している者たちには、つつがなく救済に取り組むことができません。なぜなら、彼らは、自分自身を私から切り離してしまっているからです。

 God will come to you only as you will give him to your brothers.
 あなたが兄弟たちに神を差し延べようとするときにだけ、神はあなたの許に訪れてくれます。

 Learn first of them and you will be ready to hear God.
 まず兄弟たちから学びなさい。そうすれば、あなたには神に耳を傾ける準備が整うはずです。

 That is because the function of love is one.
 その理由は、愛の働きはひとつにすることだからです。


名称未設定

次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント3件

コメントはまだありません

Oom  

イェシュア
イエスと、ホーリースピリット聖霊の違いはなんですか?
内なる神としてのホーリースピリットに道を尋ねること、
イエスに道を尋ねること、
は、同じことですか?
神=彼ですか?

全てはひとつなるもの、だとしても、ガイドとしては、イエスと、聖霊は、別の導きなのでしょうか?

イエスは、人間であったので、より身近なわたしたちのガイドであり、
ホーリースピリットは、本当のわたしのなかの内なる声としてのがいととすれば、見分けがつくものなのでしょうか?

大いなる神は、すべてを受け入れる器、全なるもの、
イエスと聖霊ホーリースピリットの違いを知りたいです。

よろしくおねがいします。

2022年01月29日 (土) 18:00
 松山 健 Matsuyama Ken

 松山 健 Ken Matsuyama  

Re: タイトルなし

Oomさま
ご質問、ありがとうございます。
誰もが抱く素朴な疑問を言葉に表してくださったものと思います。

① イェシュアと聖霊の違いは何か
② 聖霊に道を尋ねることはイェシュアに尋ねることと同じか
③ 全ては一なるものだとしても、ガイドとしては、イェシュアと聖霊には別の役目があり、別の導きをするのか
④ イェシュアは人間であったので、より身近なわたしたちのガイドであるのに対して、聖霊が私たちの内なる声としてのガイドだとすれば、両者は見分けがつくか
⑤ 神=イェシュアか


① イェシュアと聖霊の違いは何か
具体性が両者の違いだと思います。
聖霊は抽象的な普遍的な問題解決の公式であり、イェシュアは、それを人間という幻想に具体的にあてはめた模範解答というような関係です。

② 聖霊に道を尋ねることはイェシュアに尋ねることと同じか

同じだと思います。
聖霊は普遍的な救済の想念であり、つねに同じ普遍的な解決策を示してくれます。

ホーリースピリット、聖霊という抽象的な想念だけだったなら、私たちはどうしても自分とは隔絶した高みにいる高貴で異質な存在として自分とひとつだと認識するどころか、身近な存在と感じることすらできないでしょう。

けれど、イエス・キリストについてなら、私たちはかなり具体的なイメージを抱いており、憧れの著名人と同じくらい現実的な存在としてその姿、キャラクターを思い浮かべることができます。

なので、聖霊に尋ねるというと神聖で畏れ多くてイメージがなかなかできないという人でも、イェシュアにならより具体的な人物像を持って頼みにしやすいという利点があるので、イェシュアのイメージを通して聖霊に頼むことが容易になります。

③全ては一なるものだとしても、ガイドとしては、イェシュアと聖霊には別の役目があり、別の導きをするのか

上のように、聖霊をより身近にする役目がイェシュアにはあり、同じ救済の方法を教えるものの、聖霊は公式を規範として示し、イェシュアは公式を実際に用いて見せる模範を示すという相違があると思います。

聖霊は、数学の公式のような普遍性を持つ道を示します。
これに対して、イェシュアは、その公式を用いて問題を解く模範解答を示します。
すなわち、聖霊は先生のように抽象的な事柄を理解できるように教えてくれる教師、イェシュアは学年が上ですでに学び終えたことを同じ生徒としての目線でわかりやすく伝えてくれる先輩という感覚です。

聖霊は普遍的、抽象的な理念としての真理を伝えて救済を担う想念であるのに対して、イエスは人間として生きた際に、この聖霊という想念を受け入れて実現したことのある先輩として、私たち兄弟に、どのように聖霊という想念を人間として受け入れて救済のための役割を果たしていくかを模範として示す、人の子として聖霊の役割を具体的に果たす場合のモデルとなる役割を持つという関係性です。

この世界で導くガイドとしては、ご指摘いただいたように、イエスは、かつて私たちと同じように人間として生き、さまざまな苦悩や誘惑にさらされる経験をした存在であり、私たち神の子の副人格たちにとっての主人格、私たちの偉大な兄として特別な関係性を持ちます。

「1. Jesus is the manifestation of the Holy Spirit, Whom he called down upon the earth after he ascended into Heaven, or became completely identified with the Christ, the Son of God as He created Him.
イエスは聖霊の化身です。イエスは天に昇り、神が創造したままの神の子であるキリストとしての身許を完全に確立したあと、地上へと舞い降りるよう聖霊を召喚しました。」http://thereisnospoon.jp/blog-entry-207.html

「3. In his complete identification with the Christ–the perfect Son of God, His one creation and His happiness, forever like Himself and One with Him–Jesus became what all of you must be.
自分が、神の唯一の創造物にして神の喜びであり、永遠に神自身に似たものとして神と一体の存在である完璧な神の子キリストであるとイエスが完全に自覚したことで、イエスはあなたたちみんなの本質であるに違いない存在となったのです。

He led the way for you to follow him.
イエスは、彼のあとに続くようにと、あなたたちのために道を先導してくれたのです。

He leads you back to God because he saw the road before him, and he followed it.
イエスがあなたたちを神の下に戻るよう導いてくれるのは、彼がかつて自分の前にその道を見て、自らその道を辿ったことがあるからです。」http://thereisnospoon.jp/blog-entry-221.html




④イェシュアは人間であったので、より身近なわたしたちのガイドであるのに対して、聖霊が私たちの内なる声としてのガイドだとすれば、両者は見分けがつくか

上記のように聖霊が抽象的な救済の想念であるのに対してイェシュアはその想念の人格的な顕現という区別はできますが、区別をつけようとすると、聖霊をより遠く感じることになってしまう嫌いがあります。

イェシュアと聖霊をあえて見分けて区別しようとする必要はなく、むしろ両者を混同しているくらいのほうがより聖霊を身近に捉えて自分の中の聖霊に気づく助けになってよいように思います。


⑥ 大いなる神はすべてを受け入れる器のようなものだとすると、全なるもの神=イェシュアとはいえないのではないか

三位一体は、神=存在、子=顕現、聖霊=機能としてひとつの大いなる愛を異なる角度から位置付けます。

この意味で神=神の子キリストです。

イェシュアは人間として生きた際に神の子の自覚を得た存在ですが、神の子=神ではあっても、イェシュア=神とはならないと思います。

もっとも、次のように神の子の自覚を取り戻すための模範としてイェシュアをモデルとして活用できます。

「3. What does this mean for you?
このことは、あなたにとって何を意味するでしょうか。

It means that in remembering Jesus you are remembering God.
それが意味するのは、イエスを思い出すことによって、あなたは神を思い出せるということです。

The whole relationship of the Son to the Father lies in him.
イエスの中に、子と父の完全な関係を見出すことができます。」http://thereisnospoon.jp/blog-entry-101.html



なお、神=神の子については、次の文章の最後の一文の通り、神は子の創造者であるという点、つまり父性の点でのみ子と一なるものでありながらもより大いなる存在であるという側面も持つということになります。

「You stand below me and I stand below God.
あなたたちは私の下にいて、私は神の下にいます。

In the process of "rising up," I am higher because without me the distance between God and man would be too great for you to encompass.
「昇天」のプロセスにおいて、私はあなたたちよりも高みに立っています。なぜなら、私がいなければ、神と人との間の隔たりがあまりにも大きすぎて、あなたたちには乗り越えられなくなってしまうからです。

I bridge the distance as an elder brother to you on the one hand, and as a Son of God on the other.
私は、一方では、あなたたちの兄として、他方では、神の子として、その隔たりに橋を架けます。

My devotion to my brothers has placed me in charge of the Sonship, which I render complete because I share it.
兄弟たちへの深い愛によって、私は神の子全体の救済の任に就きました。そして、私は神の子としての身分を共有するがゆえに、神の子を完全にするために尽くすのです。

 This may appear to contradict the statement "I and my Father are one," but there are two parts to the statement in recognition that the Father is greater.
 このことは「私と大いなる父はひとつである」という言葉と矛盾するように思えるかもしれません。しかし、父がより大いなる存在であることを承認する点で、この言葉にはふたつの側面があるのです。」http://thereisnospoon.jp/blog-entry-669.html


「It is therefore an inappropriate reaction to me.
したがって、私に対する態度として畏敬の念を抱くことはふさわしくありません。

An elder brother is entitled to respect for his greater experience, and obedience for his greater wisdom.
兄は、より多大な経験をしてきたがゆえに敬意を払われるに値するし、より優れた英知を備えているがゆえに、忠順であるにも値します。

He is also entitled to love because he is a brother, and to devotion if he is devoted.
また、兄は、彼が同胞であるがゆえに愛されるに値し、もし彼が献身的な深い愛を捧げられるなら、それを受けるにも値します。

It is only my devotion that entitles me to yours.
私があなたたちから深く愛されるに値するとすれば、それはひとえに私が深くあなたたちを愛しているからにほかなりません。

There is nothing about me that you cannot attain.
私の持ち合わせるもので、あなたたちが手に入れられないものは何ひとつありません。

I have nothing that does not come from God.
私の持つもので神に由来しないものは何ひとつありません。

The difference between us now is that I have nothing else.
今のところ、あなたたちと私との違いは、私が神から授かったもの以外には何も持っていないということです。

This leaves me in a state which is only potential in you.
このことが、あなたたちにとってはまだ可能性にとどまっている境地に私を置いているのです。」http://thereisnospoon.jp/blog-entry-669.html


以上から、本来分離していない一なるものしかないと気づくための便法として機能、役割を区別することが有意義なかぎりにおいては、区別することは意味をなすけれど、必要以上に区別にこだわりすぎないほうがよいということが言えるかもしれません。

2022年01月30日 (日) 12:58

Oom  

松山健様

ご丁寧なご回答をありがとうございます。

頭で理解しようとしていないので、余計混乱しているのかもしれません。
既存概念を棄却しながらの学習の大いなる救いになっております。

2022年01月31日 (月) 16:21
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)