S3-3 分離 対 結合

祈りの歌 0




本節では、「偽りの癒し」、つまり、分離するための癒しについて語られます。

「真の癒し」を可能にするのは、他者とはまさに自分自身と同じだという理解であり、このような理解を抱く者には偽りの癒しをなすことはできません。

とくに身体癒しは偽りの癒しになりがちですが、少しでも不平等性に基礎を置く癒しは、分離するための癒しです。

分離するための癒しは、学識と経験のある有能で賢明な誰か、優れた高みにある人物が、彼よりも劣位にある卑しい者に、もったいなくも癒しを授けてやるものであり、癒しを求める者は彼の手腕による恩恵に浴そうと、自らに癒しを施してほしいと頭を下げることになります。


真の癒しは、持てる者と持たざる者を分け隔てて、持つ者が持たない者に自分の持ち合わせを減らす尊い犠牲を払って施しを与えてやるというものではなく、他者を助けようとする者は、助けを求める者と自分は分離した別の存在に見えているだけで実はひとつの同じ「私」なのだという気づきによって分離感を解消し、自分たちが無限の豊かさを持つ源泉につながっているという理解によって、詰まっている水道管の詰まりを除去するように、自他分離の錯覚という障害によって源泉との経路が塞がっていた状態から、源泉から豊かさが無限に流れ込んでくる本来の状態に戻すという仕組みによって達成されます。

麻痺した左手が元通り神経や筋力を回復できるように、健常な右手が左手をさすったり動かしたりとリハビリのために手当てしているとき、右手は自分を犠牲にして必要もない恵みを見知らぬ他者に施してやっているわけではありません。

その身体を持つ魂と同一の意志のままでいられる健常な右手は、麻痺によって自分と一体であることがわからなくなっている自分の一部である左手を自分のために元通り自分とひとつのものとして働くよう修復しようとしているだけです。

したがって、優秀な賢者と劣等な愚者という区別を前提に、賢者から愚者に癒しを授けてやるという観点は、癒そうとする右手自体もその身体を持つ魂の意志から解離した状態にあるようなものであり、真の癒しから遠ざかり、偽りの癒しによって分離の幻想をより深めることにしかなりません。




3.- III. Separation versus Union
 分離 対 結合



1. False healing heals the body in a part, but never as a whole.
 偽りの癒し身体を部分的に癒しはしても、決して全体的に癒すことはありません。

 Its separate goals become quite clear in this, for it has not removed the curse of sin that lies on it.
 この点で、偽りの癒し分離した多様な目標を持っていることがきわめて明白になります。というのも、偽りの癒しは、身体にかけられた罪の呪いをまだ解いてはいないからです。

 Therefore it still deceives.
 それゆえに、偽りの癒しは依然として欺くのです。

 Nor is it made by one who understands the other is exactly like himself.
 しかし、他者はまさに自分自身と同じだと理解している者が偽りの癒しをなすことはありません。

 For it is this that makes true healing possible.
 というのも、他者は自分自身だという理解こそが、真の癒しを可能にするものだからです。

 When false, there is some power that another has, not equally bestowed on both as one.
 他者と自分がひとつであることが偽りだとしたら、ひとつのものとして両者に等しく授けられたのではない、他者だけが持つ何らかの力が存在することになります。

 Here is the separation shown.
 ここに分離が表れています。

 And here the meaning of true healing has been lost, and idols have arisen to obscure the unity that is the Son of God.
 そして、ここで、真の癒しは意味を喪失し、神の子がひとつに結ばれていることを覆い隠すために偶像が生まれたのです。



2. Healing-to-separate may seem to be a strange idea.
 分離するために癒すというのは、奇妙な観念に思えるはずです。

 And yet it can be said of any form of healing that is based on inequality of any kind.
 それでも、少しでも不平等性に基礎を置くかぎり、どんな形態の癒しも、分離のための癒しだと言えます。

 These forms may heal the body, and indeed are generally limited to this.
 これらの癒しの形態は身体を癒すことがあるし、実はむしろ、身体の癒しにだけ限定されているのが普通です。

 Someone knows better, has been better trained, or is perhaps more talented and wise.
 ある者はよりよく知っており、より修練を積んでおり、おそらくより才能に恵まれていて賢い。

 Therefore, he can give healing to the one who stands beneath him in his patronage.
 したがって、彼は、自分よりも下位に立つ特定の者を引き立てて支援してやることによって、その者に癒しを授けることができるのだと。

 The healing of the body can be done by this because, in dreams, equality cannot be permanent.
 身体の癒しはこのようにしてなされることができます。なぜなら、夢の中では、平等性は永続しないからです。

 The shifts and change are what the dream is made of.
 推移や変化こそ、夢を構成する素材なのです。

 To be healed appears to be to find a wiser one who, by his arts and learning, will succeed.
 癒されることは、より賢い者を見つけて、彼の技量と知識によってこそ成功するように見えます。



3. Someone knows better; this the magic phrase by which the body seems to be the aim of healing as the world conceives of it.
 より優れた知見を有するひとかどの人物、これが、世界がそう見ている通りに、身体を癒しの対象とみなすための魔法の言葉です。

 And to this wiser one another goes to profit by his learning and his skill; to find in him the remedy for pain.
 だから、賢者の学識と彼の腕前による恩恵に浴そうと、彼の許に他者は赴き、賢者を頼りに苦痛への治療を見出そうとします。

 How can that be?
 どうしてこんなことがありうるでしょうか。

 True healing cannot come from inequality assumed and then accepted as the truth, and used to help restore the wounded and to calm the mind that suffers from the agony of doubt.
 不平等であることを前提としたうえで、不平等であることを真実として受け入れて、不平等であること利用して、傷ついたものを回復させるのを助けたり、疑念に苦悩する心を宥めたりしようとしても、真の癒しが訪れるはずがありません。



4. Is there a role for healing, then, that one can use to offer help for someone else?
 それでは、癒しのために、ある者がほかの誰かを手助けするために担うことのできる役割は存在するのでしょうか。

 In arrogance the answer must be "no."
 傲慢であるなら、その答えは「ノー」であるに違いありません。

 But in humility there is indeed a place for helpers.
 しかし、謙虚であるなら、当然、助けようとする者たちには役割があると言えます。

 It is like the role that helps in prayer, and lets forgiveness be what it is meant to be.
 それは、祈るのを手助けして、赦しをそれが意図された通りにあらしめる役割と同じです。

 You do not make yourself the bearer of the special gift that brings the healing.
 あなたは、自分を癒しをもたらす特別な天賦の才を持つ者と位置づけるべきではありません。

 You but recognize your oneness with the one who calls for help.
 あなたはただ、助けを求める者と自分がひとつなのだと気づく必要があるだけです。

 For in this oneness is his separate sense dispelled, and it is this that made him sick.
 というのも、彼を病気にしていたのは自他分離の感覚であり、自他の同一性を認識することで、彼の自他分離の感覚は消え去るからです。

 There is no point in giving remedy apart from where the source of sickness is, for never thus can it be truly healed.
 病気の源のある場所とは別のところに治療を施しても無意味です。というのも、そのようにして病気が真に癒えることは決してありえないからです。



5. Healers there are, for they are Sons of God who recognize their Source, and understand that all their Source creates is one with them.
 癒しをなす者たちが存在するのは確かです。というのは、彼らは、自らの大いなる源に気づいた神の子どもたちであり、自分たちの大いなる源が創造したものはすべて自分たちとひとつだと理解しているからです。

 This is the remedy that brings relief which cannot fail.
 自らの父なる神が万物を創造したなら自分と万物はひとつに違いないという理解こそが、失敗のありえない救いをもたらす治療法です。

 It will remain to bless for all eternity.
 その治療は、すべての永遠なる存在を祝福し続けます。

 It heals no part, but wholly and forever.
 その治療は、一部を癒すのではなく、全体を永遠に癒します。

 Now the cause of every malady has been revealed exactly as it is.
 いまや、あらゆる病気の原因がありのまま正確に明らかになりました。

 And in that place is written now the holy Word of God.
 だから、その場所には、いまや聖なる神の言葉が記されています。

 Sickness and separation must be healed by love and union.
 病気と分離は、愛と和合によって癒されるに違いありません。

 Nothing else can heal as God established healing.
 それ以外の何ものも、神が癒しを確立したように癒すことはできません。

 Without Him there is no healing, for there is no love.
 神がいなければ、いかなる癒しも存在しません。というのも、そこには、いかなる愛も存在しないからです。



6. God's Voice alone can tell you how to heal.
 神の大いなる声だけがあなたに、どのように癒せばよいか教えることができます。

 Listen, and you will never fail to bring His kindly remedy to those He sends to you, to let Him heal them, and to bless all those who serve with Him in healing's name.
 耳を澄ましなさい。そうすれば、神があなたの許に遣わす者たちに神の優しい治療をもたらすことにも、そして、癒しのために神に奉仕するすべての者たちを祝福することにも、あなたは失敗しないでしょう。

 The body's healing will occur because its cause has gone.
 病気の原因が去ったので、身体の癒しが起こるはずです。

 And now without a cause, it cannot come again in different form.
 もはや原因がなくなったので、病気は形を変えて再び訪れることができません。

 Nor will death any more be feared because it has been understood.
 それに、もはやは恐ろしくなくなるでしょう。なぜなら、は理解されたからです。

 There is no fear in one who has been truly healed, for love has entered now where idols used to stand, and fear has given way at last to God.
 真に癒された者には、いかなる恐れもありません。というのも、いまや、かつて偶像が立っていた場所を愛が占め、ついに恐れが神に道を譲ったからです。


次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)