奇跡のコース ワークブック レッスン51〜100目次

ワークブックの目次、レッスン51から100までです。

■51~60■





レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)



レッスン52(レビュー:レッスン6~10)



レッスン53(レヴュー:レッスン11~15)



レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)



レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)



レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)



レッスン57(レヴュー:レッスン31~35)



レッスン58(レビュー:レッスン36〜40)



レッスン59(レヴュー:レッスン41~45)



レッスン60(レヴュー:レッスン46~50)


■61~70■

レッスン61「私は世界の光だ」

レッスン62「赦すことが、世界の光としての私の役目だ」

レッスン63「私の赦しを通じて、世界の光が一つひとつの心に平安をもたらす」

レッスン64「自分の役目を忘れないでいたい」

レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」

レッスン66「私の幸せと私の役目は一つのものだ」

レッスン67「愛は自らと同じように私を創造した」

レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」

レッスン69「私の不平不満が自分の中にある世界の光を隠してしまう。」

レッスン70「私の救済は私から起こる。」




■71~80■

レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」

レッスン72「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」

レッスン73「私は光があるようにと意図する。」

レッスン74「神の意志以外の意志などない。」

レッスン75「光がやって来た。」

レッスン76「私は、ただ神の法則の下にある。」

レッスン77「私は奇跡を受け取る資格がある。」

レッスン78「奇跡が全ての不平不満に取って代りますように。」

レッスン79「問題が解決できるように、私に問題に気づかせてください。」

レッスン80「私の問題が既に解決されていることに自分で気づくことができますように。」


■81~90■

ワークブック セカンド・レヴュー 序文

レッスン81「レッスン61と62の復習」

レッスン82「レッスン63と64の復習」

レッスン83「レッスン65と66の復習」

レッスン84「レッスン67と68の復習」

レッスン85「レッスン69と70の復習」

レッスン86「レッスン71と72の復習」

レッスン87「レッスン73と74の復習」

レッスン88「レッスン75と76の復習」

レッスン89「レッスン77と78の復習」

レッスン90「レッスン79と80の復習」


■91~100■

レッスン91「奇跡は、光の中に見える」

レッスン92「奇跡は光の中に見える。そして、光と力強さは一つだ。」

レッスン93「光と喜びと平安が私の中にある」

レッスン94「私は神が創造したままの私だ」

レッスン95「私は、自分の創造主と結びついている一つの大いなる自己だ」

レッスン96「救済は、私の一つの大いなる自己からやって来る」

レッスン97「私は霊だ」

レッスン98「私は神の救済のための計画における自分の役目を受け入れることにする」

レッスン99「救済は、この地上での私の唯一の役目だ」

レッスン100「神の救済のための計画にとって私の役目は不可欠だ」
関連記事

Urtext

Urtext pdf

Orignal Edition

Sparkle Edition pdf

Sparkle Edition searchable

F.I.P. 1st Edition

F.I.P. 2nd Edition

オーディブル 朗読音声

りんご

ポップアップ辞書つきの画面で見る(マウスオーバーで意味が出ます)

吹き出し

精度の高いサイト内検索

検索(ページ内を検索したいときは⌘+F)

プロフィール

 松山 健

Author: 松山 健


奇跡のコース(奇跡講座A Course in Miracles ACIM )テキスト・ワークブック・教師のためのマニュアルの日本語訳(和訳)・翻訳(対訳形式)と参考図書等を公開しています。

聖霊に記事を選んでもらう

用語集(英語)

携帯用画面で見る(シンプルな画面で読みたい場合)

スマホ

スマホ・タブレット用画面で見る

タブレット

カテゴリ

テキスト 目次

ワークブック 目次

名称未設定

ワークブック特別解説 目次

教師のためのマニュアル 目次

用語解説 目次

心理療法 目次

祈りの歌 目次

メールフォーム

スクリーンショット

名前:
メール:
件名:
本文:

タグcloud

リンク

Google

コメント

非公開コメント

トラックバック