There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T10-4 病気の終焉

テキストから、先日ご紹介した病の神を去らせるの続きです。




テキスト第十章 

IV. The End of Sickness
四 病気の終焉



1. All magic is an attempt at reconciling the irreconcilable.
 あらゆる魔術は、調和できないものを調和させようとする試みだといえます。

 All religion is the recognition that the irreconcilable cannot be reconciled.
 すべての宗教は、調和できないものを調和させることはできないと認識することです。

 Sickness and perfection are irreconcilable.
 病気と完全な状態は調和しません。

 If God created you perfect, you are perfect.
 もし神があなたのことを完全に創造したのだとすれば、あなたは完全であるはずです。

 If you believe you can be sick, you have placed other gods before him.
 もしあなたが自分は病気になることができると信じるなら、あなたは真の神の前に別の神々を置いたということです。

 God is not at war with the god of sickness you made, but you are.
 神は、あなたが作った病の神と戦ってはいませんが、あなたは戦っています。

 He is the symbol of deciding against God, and you are afraid of him because he cannot be reconciled with God's Will.
 病の神は、大いなる神に逆らう決断を象徴するものです。そして、あなたは、病の神を恐れることになります。なぜなら、病の神は真の神の大いなる意志と調和することができないからです。

 If you attack him, you will make him real to you.
 もしあなたが病の神を攻撃するなら、あなたは病の神を自分にとっての現実にしてしまうことになります。

 But if you refuse to worship him in whatever form he may appear to you, and wherever you think you see him, he will disappear into the nothingness out of which he was made.
 しかし、その病の神があなたにとってどのような姿で現れようとも、また、あなたがどこに病の神を見たと思おうとも、あなたが病の神を崇拝することを拒否すれば、病の神はそれが作り出された無の中へと消え去ることでしょう。





2. Reality can dawn only on an unclouded mind.
 現実は、曇りのない心にしか姿を現すことができません。

 It is always there to be accepted, but its acceptance depends on your willingness to have it.
 現実は、いつでも受け入れられるように心の中にあります。しかし、それが受け入れられるかどうかは、あなたの現実を得ようとする意欲にかかっています。

 To know reality must involve the willingness to judge unreality for what it is.
 現実を知るためには、現実ではないものをありのままに判断する意欲を必要とします。

 To overlook nothingness is merely to judge it correctly, and because of your ability to evaluate it truly, to let it go.
 無を見過ごすことは、単に無を正確に価値判断することでしかなく、正しく無を評価するあなたの能力によって、無を放棄することでしかありません。

 Knowledge cannot dawn on a mind full of illusions, because truth and illusions are irreconcilable.
 知識は、幻想で溢れかえっている心には、姿を現すことができません。なぜなら、真理と幻想は調和できないからです。

 Truth is whole, and cannot be known by part of a mind.
 真理は全体的なものであり、心の一部分によって知られうるものではありません。


名称未設定


3. The Sonship cannot be perceived as partly sick, because to perceive it that way is not to perceive it at all.
 神の子全体が部分的に病んだものとして知覚されることはありえません。なぜなら、神の子全体を部分的に知覚することは、神の子をまったく知覚していないことになるからです。

 If the Sonship is One, it is One in all respects.
 もし神の子全体がひとつであるなら、神の子はあらゆる面においてひとつであるはずです。

 Oneness cannot be divided.
 ひとつであるものを分割することはできません。

 If you perceive other gods your mind is split, and you will not be able to limit the split, because it is the sign that you have removed part of your mind from God's Will.
 もしあなたが他の神々を知覚するなら、あなたの心は分裂し、あなたにはその分裂に歯止めをかけることができなくなります。なぜなら、あなたが他の神々を知覚することは、あなたが真の神の大いなる意志からあなたの心の部分を取り去ったという印だからです。

 This means it is out of control.
 心の分裂に歯止めが効かないことは、あなたの心が制御不能になっていることを意味します。

 To be out of control is to be out of reason, and then the mind does become unreasonable.
 制御不能になることは、正気を失うことであって、そうなると、心は確実に理不尽なものになってしまいます。

 By defining the mind wrongly, you perceive it as functioning wrongly.
 心を間違って定義することによって、あなたは心を誤って機能するものとして知覚しているのです。





4. God's laws will keep your mind at peace because peace is his will, and his laws are established to uphold it.
 神の法があなたの心を平安に保ってくれるでしょう。なぜなら、平安こそ神の意志であり、神の法は神の平安を維持するために定められたものだからです。

 His are the laws of freedom, but yours are the laws of bondage.
 神の法は自由の法則です。しかし、あなたの法則は束縛の法則です。

 Since freedom and bondage are irreconcilable, their laws cannot be understood together.
 自由と束縛とは両立しないので、神の法とあなたの法則の双方を一緒に理解することはできません。

 The laws of God work only for your good, and there are no other laws beside his.
 神の法は、ただあなたのためになるようにだけ働くものです。そして、神の法のほかにはいかなる法則も存在しません。

 Everything else is merely lawless and therefore chaotic.
 神の法以外のものは、すべて単なる無法状態なので、混沌としています。

 Yet God himself has protected everything he created by his laws.
 しかし、神自身が、自ら創造したあらゆるものを神の法によって守護しています。

 Everything that is not under them does not exist.
 神の法の下にないものはすべて、存在していません。

 "Laws of chaos" is a meaningless term.
 「混沌の法則」とは、意味をなさない言葉です。

 Creation is perfectly lawful, and the chaotic is without meaning because it is without God.
 創造は完璧に法に準拠するものです。他方、混沌とした状態には意味がありません。それは、混沌とは神がいない状態だからです。

 You have "given" your peace to the gods you made, but they are not there to take it from you, and you cannot give it to them.
 あなたは自分の平安を、自分で作り出した神々に「与えて」しまいました。しかし、あなたから与えられた平安を受け取るべき、そのような神々など、どこにも存在してはいません。だから、あなたは自分の平安を自分の作り出した神々に渡すことなどできないのです。


名称未設定


5. You are not free to give up freedom, but only to deny it.
 あなたには、自由を放棄する自由はありません。ただし、あなたは自由を拒否する自由だけはあります。

 You cannot do what God did not intend, because what he did not intend does not happen.
 あなたには、神の意図しなかったことをなすことはできません。なぜなら、神の意図しなかったことは起こりようがないからです。

 Your gods do not bring chaos; you are endowing them with chaos, and accepting it of them.
 あなたの神々が混沌をもたらすわけではありません。あなたは自らそれらの神々に混沌を与えておいて、その神々から自分の渡した混沌を受け取っているのです。

 All this has never been.
 これらのことはすべて、いまだかつて存在したことはありません。

 Nothing but the laws of God has ever been, and nothing but his will, will ever be.
 何であれ、神の法以外のものが存在したことはないし、神の意志以外の何ものも、これから存在するようになることもありません。

 You were created through his laws and by his will, and the manner of your creation established you a creator.
 あなたは神の法を通して、神の意志によって創造されました。このようにあなたが創造されたことで、あなたは創造者として確立されました。

 What you have made is so unworthy of you that you could hardly want it, if you were willing to see it as it is.
 もしあなたが自分の作ったものをありのままに見る気さえあるなら、あなたの作ったものはあまりにもあなたにふさわしくないので、あなたには、そんなものを欲することはできないはずです。

 You will see nothing at all.
 ありのままに見るなら、あなたには、まったく何も見えないはずです。

 And your vision will automatically look beyond it, to what is in you and all around you.
 だから、あなたのヴィジョンは自動的に、あなたの作ったものを通り越して、あなたの中にあるものとあなたの周りにあるものを見るようになります。

 Reality cannot break through the obstructions you interpose, but it will envelop you completely when you let them go.
 現実は、あなたが差し挟む障害物を打破することはできません。しかし、あなたが障害物を去らせるとき、現実は完全にあなたのことを包み込むことでしょう。





6. When you have experienced the protection of God, the making of idols becomes inconceivable.
 あなたが神の加護を体験したなら、そのとき、偶像を作ることなど思いもよらないことになります。

 There are no strange images in the Mind of God, and what is not in his mind cannot be in yours, because you are of one mind and that mind belongs to him.
 神の大いなる心の中にはどんな異質なイメージもありません。そして、神の心の中にないものは、あなたの心の中にも存在することはできません。なぜなら、あなたたちはひとつの心からなっており、その心は神に属するものだからです。

 It is yours because it belongs to him, for to him ownership is sharing.
 心は神に属するがゆえに、心はあなたのものです。というのは、神にとっては所有することは共有することだからです。

 And if it is so for him, it is so for you.
 そして、もし神にとって何かを持つことが共有することであるとすれば、あなたにとっても所有することは共有することであるはずです。

 His definitions are his laws, for by them he established the universe as what it is.
 神の定義することが神の法となります。というのも、自らの定義する法によって神は宇宙をあるがままの姿へと確立したからです。

 No false gods you attempt to interpose between yourself and your reality affect truth at all.
 あなたが偽物の神々をあなた自身とあなたの本当の姿との間に差し挟もうと試みても、それが真理に影響を及ぼすことは一切ありません。

 Peace is yours because God created you, and he created nothing else.
 平安はあなたのものです。なぜなら、神はあなたを創造したのであって、神はあなた以外には何も創造しなかったからです。


名称未設定


7. The miracle is the act of a Son of God who has laid aside all false gods, and calls on his brothers to do likewise.
 奇跡とは、偽りの神々をことごとく捨て去った神の子が、自分の兄弟たちに、自分と同じようにするようにと呼びかける行為です。

 It is an act of faith, because it is the recognition that his brother can do it.
 奇跡信頼に基づく行為です。なぜなら、それは自分の兄弟たちにも、偽りの神々を放棄することができると認めることだからです。

 It is a call to the Holy Spirit in his mind, a call that is strengthened by joining.
 奇跡は、自分の兄弟の心の中にいる聖霊に呼びかけることです。その呼びかけは心をひとつに結び合わせることによって増強されます。

 Because the miracle worker has heard God's voice, he strengthens It in a sick brother by weakening his belief in sickness, which he does not share.
 奇跡を行う者は神の声を聞き入れているので、病気の兄弟の中にある神の声を強めます。それは、その兄弟が抱いている病気を信じる気持ちを、その兄弟と分かち合わないことによって弱めるという方法によってなされます。

 The power of one mind can shine into another, because all the lamps of God were lit by the same spark.
 ひとつの心の力は、別の心の中に光を差し込むことができます。なぜなら、神の灯火はすべて、同じ閃光を種火として灯されたからです。

 It is everywhere and it is eternal.
 その閃光はあらゆるところにあります。そして、この閃光は永遠のものです。




8. In many only the spark remains, for the Great Rays are obscured.
 多くの者たちの心にはそのような閃光しか残っていません。というのは、大いなる光の輝きは覆い隠されてしまっているからです。

 Yet God has kept the spark alive so that the Rays can never be completely forgotten.
 しかし、決して大いなる光の輝きが完全に忘れ去られることのないようにと、神がその種火を絶やさずに保ってくれています。

 If you but see the little spark you will learn of the greater light, for the Rays are there unseen.
 もしあなたが小さな閃光を見さえすれば、あなたは、より偉大な光のことを学ぶようになります。というのは、目には見えなくても、その大いなる光の輝きはそこにあるからです。

 Perceiving the spark will heal, but knowing the light will create.
 閃光を知覚することが癒しとなり、その光を知ることが創造となるでしょう。

 Yet in the returning the little light must be acknowledged first, for the separation was a descent from magnitude to littleness.
 しかし、神への回帰においては、まず、小さな光が認められる必要があります。というのは、分離とは、偉大なるものから卑小なものへと下降していくことだったからです。

 But the spark is still as pure as the Great Light, because it is the remaining call of creation.
 しかし、今でもその閃光は、大いなる光と同じように清浄なままです。なぜなら、それは創造への呼びかけとして残されたものだからです。

 Put all your faith in it, and God himself will answer you.
 あなたの全幅の信頼をその閃光に寄せてください。そうすれば、神自ら、あなたの信頼に応えてくれるでしょう。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
閃光火花輝きランプ心の力信頼奇跡偽りの神偶像ヴィジョン

Comments 0

Leave a reply