There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

エゴ ー 奇跡

0   0

用語解説から、「エゴ奇跡」をご紹介します。


The Ego - The Miracle
エゴ - 奇跡


1. Illusions will not last.
 幻想は永続しません。

 Their death is sure and this alone is certain in their world.
 幻想が消滅するのは確実であり、ただこれだけが、幻想の世界で確かなことです。

 It is the ego's world because of this.
 この理由から、この幻想の世界エゴ世界なのです。

 What is the ego?
 エゴとは何なのでしょうか。

 But a dream of what you really are.
 エゴは、あなたが本当は何者かについてのひとつの夢でしかありません。

 A thought you are apart from your Creator and a wish to be what He created not.
 エゴは、あなたが自らの創造主から分離していると思い、創造主が創造しなかったものになりたいと願望することです。

 It is a thing of madness, not reality at all.
 エゴは、狂気を体現するものであり、まったく実在するものではありません。

 A name for namelessness is all it is.
 エゴは、名前のないことに付けられるひとつの名前でしかありません。

 A symbol of impossibility; a choice for options that do not exist.
 エゴは、ありえないもののシンボルであり、存在しない選択肢を選ぶことです。

 We name it but to help us understand that it is nothing but an ancient thought that what is made has immortality.
 私たちがエゴと名づけるのは、作られたものが不滅性を持つという古来の思考でしかないと理解する助けとするためでしかありません。

 But what could come of this except a dream which, like all dreams, can only end in death?
 しかし、こんなものから、すべての夢と同じようにただ死によって終わることができるだけの夢以外の何が生じることができるというのでしょうか。




2. What is the ego?
 エゴとは何なのでしょうか。

 Nothingness, but in a form that seems like something.
 無です。何かであるかのように見える形をした無でしかありません。

 In a world of form the ego cannot be denied for it alone seems real.
 形のある世界においては、エゴだけが実在するように見えるので、エゴは否定されずにいることができます。

 Yet could God's Son as He created him abide in form or in a world of form?
 しかし、神に創造されたままの神の子が、形の中に留まったり、形ある世界の中に留まったままでいることできるでしょうか。

 Who asks you to define the ego and explain how it arose can be but he who thinks it real, and seeks by definition to ensure that its illusive nature is concealed behind the words that seem to make it so.
 エゴのことを実在すると思っている者にしか、あなたにエゴを定義して、どのようにエゴが生じるのか説明することを求めることはできません。そして、その人は、定義することによって、エゴの実体のない本質を、エゴを実在するかのように思わせる言葉の背後に隠したままにしようとしているのです。




3. There is no definition for a lie that serves to make it true.
 偽りを真実にできるような偽りの定義などありません。

 Nor can there be a truth that lies conceal effectively.
 偽りが効果的に隠し立てることのできる真理などありえません。

 The ego's unreality is not denied by words nor is its meaning clear because its nature seems to have a form.
 エゴが実在しないことは、言葉によって否認されるものではありません。また、形を持っているように見えるエゴの性質のゆえに、エゴの意味が明白になるわけでもありません。

 Who can define the undefinable?
 定義しようのないものを誰が定義できるというのでしょうか。

 And yet there is an answer even here.
 それでも、ここにすら、答えはあるのです。





4. We cannot really make a definition for what the ego is, but we can say what it is not.
 私たちには、エゴが何であるか本当に定義することができません。しかし、私たちは、エゴではないものについてなら言うことができます。

 And this is shown to us with perfect clarity.
 そして、エゴではないものは、私たちに完璧な明瞭さをもって示されています。

 It is from this that we deduce all that the ego is.
 このエゴではないものから、私たちはエゴとはいったい何なのか演繹することができます。

 Look at its opposite and you can see the only answer that is meaningful.
 このエゴの対極を見てみてください。そうすれば、あなたは意味のある唯一の答えを見ることができます。





5. The ego's opposite in every way,–in origin, effect and consequence–we call a miracle.
 その起源、影響、そして、結果のあらゆる面でエゴの対極にあるものを、我々は奇跡と呼びます。

 And here we find all that is not the ego in this world.
 そして、ここに私たちは、この世界の中でエゴではない唯一のものを見出します。

 Here is the ego's opposite and here alone we look on what the ego was, for here we see all that it seemed to do, and cause and its effects must still be one.
 ここにこそ、エゴの対極があり、ここだけにエゴとは何であったのか私たちは見ることになります。というのも、ここで私たちは、エゴが行っているように思えたすべて、そして、原因とその結果は依然としてひとつのものであるに違いないことを見るからです。




6. Where there was darkness now we see the light.
 闇があった場所に、今、私たちは光を見ます。

 What is the ego?
 エゴとは何なのでしょうか。

 What the darkness was.
 かつて闇だったものです。

 Where is the ego?
 エゴはどこにあるのでしょうか。

 Where the darkness was.
 かつて闇があったところにあります。

 What is it now and where can it be found?
 闇は今、何であり、どこに見出せるのでしょうか。

 Nothing and nowhere.
 闇は、無であって、どこにもありません。

 Now the light has come: Its opposite has gone without a trace.
 今、光がやってきたのです。光の対極は跡形も無く去ってしまったのです。

 Where evil was there now is holiness.
 邪悪さがあった場所には、今、神聖さがあります。

 What is the ego?
 エゴとは何なのでしょうか。

 What the evil was.
 かつて邪悪であったものです。

 Where is the ego?
 エゴはどこにあるのでしょうか。

 In an evil dream that but seemed real while you were dreaming it.
 あなたがそれを夢見ている間は本物に見えるだけの邪悪な夢の中です。

 Where there was crucifixion stands God's Son.
 かつて十字架があった場所に、神の子が立っています。

 What is the ego?
 エゴとは何なのでしょうか。

 Who has need to ask?
 尋ねる必要があるのは誰なのでしょうか。

 Where is the ego?
 エゴはどこにあるのでしょうか。

 Who has need to seek for an illusion now that dreams are gone?
 夢の去った今、誰が幻想を求める必要があるというのでしょうか。





7. What is a miracle?
 奇跡とは何なのでしょうか。

 A dream as well.
 エゴと同じように奇跡もひとつの夢です。

 But look at all the aspects of this dream and you will never question any more.
 しかし、この奇跡という夢のすべての側面を見てください。そうすれば、あなたは二度とそれ以上質問しようとは思わなくなるでしょう。

 Look at the kindly world you see extend before you as you walk in gentleness.
 優しさの中を歩みながら、自分の目の前に広がる思いやりにあふれた世界を見てください。

 Look at the helpers all along the way you travel, happy in the certainty of Heaven and the surety of peace.
 天国の到来を確信し、平安が約束されている確かさの中にある幸せとともに、自分の旅する道に同行してくれる救い手たちを見てください。

 And look an instant, too, on what you left behind at last and finally passed by.
 そして、一瞬だけ、ついに自分がそれをあとにしてようやく通り過ぎるものも見てください。





8. This was the ego–all the cruel hate, the need for vengeance and the cries of pain, the fear of dying and the urge to kill, the brotherless illusion and the self that seemed alone in all the universe.
 すべての冷酷な憎しみ、復讐の要求、そして、痛みの叫び声、死の恐怖、そして、殺したいとの衝動、兄弟はいないという錯覚、そして、宇宙全体の中に孤立しているように見える小さな自己というものがエゴだったのです。


 This terrible mistake about yourself the miracle corrects as gently as a loving mother sings her child to rest.
 この自分自身についてのひどい思い違いを、奇跡は、愛情深い母親が子守唄でわが子を休ませてあげるように、優しく修正してくれます。

 Is not a song like this what you would hear?
 あなたの聞きたいのはこんな歌声ではないでしょうか。

 Would it not answer all you thought to ask, and even make the question meaningless?
 この歌声は、あなたが尋ねたかったすべての思いの答えを与えてはくれないでしょうか。そして、それは、質問を無意味なものにさえしないでしょうか。





9. Your questions have no answer, being made to still God's Voice, which asks of everyone one question only: "Are you ready yet to help Me save the world?"
 あなたの質問には答えがありません。なぜなら、あなたの質問は、神の大いなる声を聞こえないようにさせようとして発せられていたものだからです。その神の声は、すべての者に「あなたはもう世界を救うために私を手助けする用意はできていますか」と、ただひとつの質問だけを尋ねています。

 Ask this instead of what the ego is, and you will see a sudden brightness cover up the world the ego made.
 エゴが何であるのか尋ねる代わりに、この質問を尋ねてください。そうすれば、あなたは、突如として光輝がエゴの作り出した世界を覆い尽くすのを目にすることになるでしょう。

 No miracle is now withheld from anyone.
 今や、誰にも奇跡が与えずにおかれるということはありません。

 The world is saved from what you thought it was.
 世界は、あなたがそれが世界だと思い込んでいたものから救われたのです。

 And what it is, is wholly uncondemned and wholly pure.
 そして、ありのままの世界は、完全に咎めようのない完全に純粋なものなのです。





10. The miracle forgives; the ego damns.
 奇跡とは赦すことであり、エゴとは罰することです。

 Neither need be defined except by this.
 奇跡もエゴもこれ以外のことによって定義する必要はありません。

 Yet could a definition be more sure, or more in line with what salvation is?
 それにしても、これにまして正確で、これにまして救済の何たるかに調和する定義がありうるでしょうか。

 Problem and answer lie together here, and having met at last the choice is clear.
 問題と答えが、ここに一緒にあります。ようやく問題と答えが合わさったのだから、どちらを選択するかは明白です。

 Who chooses hell when it is recognized?
 それが地獄だと気づいたとき、誰が地獄を選ぼうとするでしょうか。

 And who would not go on a little while when it is given him to understand the way is short and Heaven is his goal?
 そして、天国が自分の目標であり、そこへの道のりは短いと理解させてもらえたなら、誰でも、もうしばらく進んでみようという気にならないでしょうか。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/213-4969d4b7
該当の記事は見つかりませんでした。